FANUC Series 0 システム変数一覧

システム変数用途
#1000〜#1015
#1032
インターフェース入力信号
#1100〜#1115
#1132
インターフェース出力信号
#2001〜#2400
#10001〜#10200
#11001〜#11200
工具オフセット量
#3000アラーム
#3001,#3002クロック
#3003シングルブロック、補助機能完了待ちの制御
#3004フィードホールド、フィードレートオーバーライド、イグザクトストップチェック
#3005セッティングデータ
#3011,#3012時刻
#3901,#3902加工部品数
#4001〜#4120モーダル情報
#5001〜#5104位置情報
#2500〜#2806ワークオフセット量
#7001〜#7944コモンワーク原点オフセット量

インターフェース入力信号(#1000〜#1015,#1032)

PMC(プログラマブルマシンコントローラ)からカスタムマクロに16ビットの信号を入力することができます。#1000〜#1015はビット毎の読み取りを行い、#1032は16ビットを一括で読み取ります。

インターフェース出力信号(#1100〜#1115,#1132,#1133)

カスタムマクロからPMCに16ビットの信号を出力することができます。#1100〜#1115はビット毎の書き込みを行い、#1132は16ビットの一括書き込みを行います。#1133は32ビットの一括書き込みです。

工具オフセット量(#2001〜#2400,#10001〜#11200)

#2001〜#2400,#10001〜#11200の値を読み取ることでオフセット量を知ることができ、代入することでオフセット量を変更することができます。

工具補正メモリA
オフセット番号システム変数
1#10001(#2001)
2#10002(#2002)
3#10003(#2003)
: :
200#10200(#2200)
工具補正メモリB
オフセット番号形状補正摩耗補正
1#11001(#2201)#10001(#2001)
2#11002(#2202)#10002(#2002)
3#11003(#2203)#10003(#2003)
: : :
200#11200(#2400)#10200(#2200)

アラーム(#3000)

プログラムでアラームにしたい条件が発生したとき、アラーム状態にすることができます。

#3000 = n () で表され、「n」には1〜99のアラーム番号、「()」の中にはアラームが発生したときに表示させるメッセージを入れることができます。画面には#3000の値に500を加えたアラーム番号と、アラームメッセージが表示されます。

クロック(#3001,#3002)

#3001,#3002の値を読み取ることで、クロックの時刻を知ることができ、値を代入することで時刻をプリセットできます。

#3001は1ミリ秒単位のタイマーで常にカウントします。電源投入時には0にリセットされ、65535ミリ秒で0に戻ります。

#3002は時間単位のタイマーで、サイクルスタートランプが点灯している時間をカウントします。電源をオフにしても値を記憶しており、1145324.612時間で0に戻ります。

システム変数単位電源投入時の状態
#3001ミリ秒0
#3002時間保存

シングルブロック、補助機能完了信号待ちの制御(#3003)

#3003に値を代入することで、下記のような制御ができます。

シングルブロック補助機能完了信号
0有効待つ
1無効待つ
2有効待たない
3無効待たない

フィードホールド、フィードレートオーバーライド、イグザクトストップチェック(#3004)

#3004に値を代入することで、下記のような制御ができます。

フィードホールドフィードレートオーバーライドイグザクトストップチェック
0有効有効有効
1無効有効有効
2有効無効有効
3無効無効有効
4有効有効無効
5無効有効無効
6有効無効無効
7無効無効無効

セッティングデータ(#3005)

#3005を読み取ることで、セッティングデータを知ることができ、代入することで書き込みができます。扱う数値は2進数を10進数に変換した値です。

#0REVX: X軸ミラーイメージ オン/オフ
#1REVY: Y軸ミラーイメージ オン/オフ
#2TVON: TVチェック オン/オフ
#3ISO: 出力コード EIA/ISO
#4INCH: メトリック入力/インチ入力
#5
#6ABS: インクレメンタル指令
#7SEQ: シーケンス番号の自動挿入 オン/オフ
#8
#9REV4: 第4軸ミラーイメージ オン/オフ
#10TAPE: F10/11 テープフォーマット オン/オフ
#11
#12
#13
#14
#15

時刻(#3011,#3012)

#3011,#3012を読み取ることで、年・月・日・時・分・秒を知ることができます。

システム変数種類
#3011年・月・日
#3012時・分・秒

加工部品数(#3901,#3902)

加工部品数(終了数)と所要部品数(目標数)の読み取りと書き込みができます。

システム変数機能
#3901加工部品数(終了数)
#3902所要部品数(目標数)

モーダル情報(#4001〜#4120)

#4001〜#4120の値を読み取ることで、直前のブロックまでに指定されたモーダル情報を知ることができます。

システム変数直前のブロックのモーダル情報
#4001Gコード(グループ01)
#4002Gコード(グループ02)
 :    :
#4022Gコード(グループ22)
#4102Bコード
#4107Dコード
#4109Fコード
#4111Hコード
#4113Mコード
#4114シーケンス番号
#4115プログラム番号
#4119Sコード
#4120Tコード

位置情報(#5001〜#5104)

#5001〜#5104の値を読み取ることで、各種の位置情報を知ることができます。

システム変数位置情報座標系工具補正量移動中の読取
#5001〜#5004ブロック終点位置ワーク座標系含まない
#5021〜#5024現在位置機械座標系含む不可
#5041〜#5044現在位置ワーク座標系含む不可
#5061〜#5064スキップ信号位置ワーク座標系含む
#5081〜#5084工具長補正量不可
#5101〜#5104サーボ位置偏差量不可

ワークオフセット量(#2500〜#2806)

#2500〜#2806の値を読み取ることで、ワーク原点オフセット量を知ることができ、代入することで変更することができます。

システム変数制御軸
#2500
#2501
#2502
 :
#2506
第1軸外部ワーク原点オフセット量
第1軸G54ワーク原点オフセット量
第1軸G55ワーク原点オフセット量
    :
第1軸G59ワーク原点オフセット量
#2600
#2601
#2602
 :
#2606
第2軸外部ワーク原点オフセット量
第2軸G54ワーク原点オフセット量
第2軸G55ワーク原点オフセット量
    :
第2軸G59ワーク原点オフセット量
#2700
#2701
#2702
 :
#2706
第3軸外部ワーク原点オフセット量
第3軸G54ワーク原点オフセット量
第3軸G55ワーク原点オフセット量
    :
第3軸G59ワーク原点オフセット量
#2800
#2801
#2802
 :
#2806
第4軸外部ワーク原点オフセット量
第4軸G54ワーク原点オフセット量
第4軸G55ワーク原点オフセット量
    :
第4軸G59ワーク原点オフセット量

コモンワーク原点オフセット量(#7001〜#7944)

#7001〜#7944の値を読み取ることで、コモンワーク原点オフセット量を知ることができ、代入することで変更することができます。

システム変数制御軸コモンワーク原点オフセット
#7001
#7002
#7003
#7004
第1軸ワーク原点オフセット量
第2軸ワーク原点オフセット量
第3軸ワーク原点オフセット量
第4軸ワーク原点オフセット量
G54 P1
#7021
#7022
#7023
#7024
第1軸ワーク原点オフセット量
第2軸ワーク原点オフセット量
第3軸ワーク原点オフセット量
第4軸ワーク原点オフセット量
G54 P2
 :    : :
#7941
#7942
#7943
#7944
第1軸ワーク原点オフセット量
第2軸ワーク原点オフセット量
第3軸ワーク原点オフセット量
第4軸ワーク原点オフセット量
G54 P48

SEICOS Λ10M 各一覧

FANUC 16i 各一覧

FANUC Series 0 各一覧

OSP5020 各一覧

OH-OSP-HMG 各一覧

OH-OSP-HMU 各一覧

OSP-E100L 各一覧

MELDAS 64 各一覧

JIS 6315-2:2003 一覧

当サイトのPDF版を作成しました

教育資料やリファレンスとして使用して頂ければと思います。NCプログラムの教科書

上級編も作成しました。NCプログラム上級編


メニュー
NC旋盤
サブメニュー
OSP(オークマ)
雑学
NCプログラマの為の数学