NC旋盤の特徴と機能

NC旋盤は、従来の汎用旋盤で手動で行っていた送り操作や工具交換などを、NC装置によって自動化させたものとなります。従って、作業者の違いよる仕上がりのムラが少なく、同じものを同じ品質で加工することができます。また、作業者が機械につきっきりになることが少なくなるので、ひとりで数台の機械を担当しても稼働率が落ちず、生産性の向上を図ることができます。

NC旋盤は通常X軸とZ軸の2軸が制御軸となり、主軸の回転軸に対し平行な横方向の移動がZ軸、前後方向がX軸となります。また、Y軸や回転軸を追加した設備などもあり、これらは複合旋盤、またはターニングセンタと呼ばれます。

NC旋盤の基本的な機械構成は汎用旋盤と変わりませんが、自動化や省人化のための工夫が各箇所に成されています。


主軸台

フライス盤やマシニングセンタでは、主軸というと一般的には工具を回転させる軸のことをいいますが、旋盤では工作物を回転させる軸となります。通常は主軸にチャックを取り付け、チャックによって工作物を固定し回転させます。チャックにはコレットチャック、3つ爪、4つ爪チャック、専用の特殊チャックなど用途によって様々なチャックがあります。また、油圧や空圧などを利用して、NC装置よって自動的にチャックの開閉を行うこともできます。

汎用旋盤と大きく異なる点は、NC旋盤では主軸にポジションコーダと呼ばれる位置検出器がついていることです。汎用旋盤では手動でギアを変えることで、主軸の回転数を変えていましたが、ポジションコーダによってNC装置から主軸の回転数を制御することができます。

心押台

汎用旋盤と同じく、長尺物の加工などの際に端面を支持する機能があります。NC旋盤ではサーボモータが取り付けられており、NC装置からの指示で自動で移動させることができます。

刃物台

工具を取り付ける装置で、NC旋盤では複数の工具を取り付け、加工内容に応じて自動で工具交換を行うことができます。通常のNC旋盤ではドラムタイプタレットと呼ばれる刃物台が一般的に使用されています。複合旋盤では旋削工具の他に、回転工具が取り付けられる刃物台が設置されています。

NC旋盤メニュー

当サイトのPDF版を作成しました

教育資料やリファレンスとして使用して頂ければと思います。NCプログラムの教科書


メニュー
NC旋盤
サブメニュー
OSP(オークマ)
雑学
NCプログラマの為の数学