条件分岐 - IF

条件分岐は"IF文"とも呼ばれ、"IF[(条件式)](処理)"の形で記述されます。"もし条件式が成立すれば、処理を行う"という意味になり、条件式が成立しなければ、何もせずに次のブロックに進みます。

比較演算子に関しては、演算子のページで解説していますので、そちらをご覧ください。

処理の部分は"GOTO"か"THEN"になります。"GOTO"の場合は無条件分岐のページで解説してある通り、"GOTO"+"数値"で記述し、数値と同じシーケンス番号のあるブロックに飛びます。

THENを使用する場合は、"THEN"+"代入式(計算式)"という記述になります。"IF[#100LE0]THEN#101=50."というブロックであれば、"#100が0以下なら#101に50.を代入する"という意味になります。

古い設備になると、"THEN"の機能をサポートしておらず、使用できない場合もありますので注意が必要です。

・
・
#100=0
IF[#100EQ0]GOTO5 (#100が0なのでN5に飛ぶ)
M3
S2000
N5
IF[#100NE0]THEN#100=0 (#100が0以外ではないので、何もせずに次のブロックへ)
・
・
				
当サイトのPDF版を作成しました

教育資料やリファレンスとして使用して頂ければと思います。NCプログラムの教科書

上級編も作成しました。NCプログラム上級編


メニュー
NC旋盤
サブメニュー
OSP(オークマ)
雑学
NCプログラマの為の数学