無条件分岐 - GOTO

NCプログラムは上から順番に下に向かって読み込んで行きますが、無条件分岐(GOTO)を使用することで、読み込ませる順番を変える、つまり指定されたシーケンス番号まで飛ばすことができます。

文法は"GOTO100"のように"GOTO"+"シーケンス番号"で記述します。対応するシーケンス番号がなければ、アラームが出てプログラムはストップします。シーケンス番号は"GOTO文"のブロックの上にあっても、下にあっても構いません。

GOTO文は簡単に扱えて便利ではありますが、使いすぎるとあっちに飛んだりこっちに飛んだりと、非常に見づらいプログラムになってしまいますので、使用するのは必要最小限にとどめましょう。

・
・
GOTO30 (N30に飛ぶ)
G01X20.
Z-1.
N30
・
・
				
当サイトのPDF版を作成しました

教育資料やリファレンスとして使用して頂ければと思います。NCプログラムの教科書


メニュー
NC旋盤
サブメニュー
OSP(オークマ)
雑学
NCプログラマの為の数学